×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

原子の共鳴(磁気共鳴)

FlawTipsのNotebook(雑記帳)
日頃ふと思いついたことを紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。RSS対応です。
雑記1 - 雑記2 - 雑記3 - 雑記4 - 雑記5 - 雑記6 - 雑記7 - Top - FlawTipsの音的ウェブ

Topページ > 雑記2

Next

原子の共鳴(磁気共鳴)


MRI…ってご存知ですか?(笑)医療機器の一つでCTスキャンみたいなものなんですね。人体の断面を画像にすることができる機械とのことです。CTスキャンの画像より、はっきりしていて診断がしやすく、放射能を使わないとかで人気なのですかね?Magnetic Resonance Imagingの略で、磁気共鳴画像と訳されるようですね。機器自体は、CTスキャンみたいなもので、でっかい機械の真ん中に穴があって、そこに人が寝たままの状態で入っていくとかですね。

私が気になったのは、その仕組みなんですけどね。なんでもMRIは、磁気共鳴反応という物理現象を利用するらしいです。なんでも原子が磁気にさらされると共鳴して電波を出すそうで、MRIでは、磁気を体にあて、出てきた電波をキャッチしコンピュータで解析して画像にするらしいです。体内の70%が水分だからなのでしょうか、体内の水素原子が出す電波をキャッチしているのだそうです。おそらく原子の種類によって電波の周波数とかが違うのでしょうね。

どのぐらいの強さの磁気なのか知らないですが、例えば地球は多きな磁石ですよね。なので磁場がどこでもありますよね。その磁気が体内を通過する時に、ちょっとした電波を発してたりするんでしょうかね?電波が発生すると何か問題があったりするのかな?まあ通常は健康には問題ないものなのでしょうね。

ですがイヤシロチとケガレチみたいなもんですかね?地域的に磁場が強くなる場所があるらしいですね。なんでも磁力線に沿って電流があちこち流れるとかで、土地や人体、作物などによくないのだそうですよ。体内で電波が激しく発生しちゃうのでしょうかね?

そういう土地にならないように地中に炭素を敷き詰めたり水晶を埋めたりする方法があるらしいですよね。磁場が安定したりするのかな?マイナスイオンが発生しやすくなるとかですね。飲食店とかでは、やっているところもあるみたいですね。繁盛しているとか…。

MRIが体内から発する電波をキャッチするということからして、磁気は体に少なからず何らかの影響を与えるのですね。まあMRIは医療機器ですから影響ないレベルの磁力なんでしょうね。私が思うに昨日も書きましたが、低音の騒音のようにランダムに変化したり、強力な磁場があると体のリズムを壊したりするのでしょうね。






Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.