×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

気功の不思議

FlawTipsのNotebook(雑記帳)
日頃ふと思いついたことを紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。RSS対応です。
雑記1 - 雑記2 - 雑記3 - 雑記4 - 雑記5 - 雑記6 - 雑記7 - Top - FlawTipsの音的ウェブ

Topページ > 雑記2

Next

気功の不思議


気功というものがありますが、これは科学的にはなんだかよくわかってないみたいですね。身体に影響するものですね。即効性のものでは、肩こりが治ったり、手が暖かくなったり、継続してやると、集中力が付くとかあったりします。

不思議なのは、それを人が行い、人が受けるということですね。また環境から気を受けることができるとのことですね。話しによると、気功は誰にでも出来、誰でも受けることができるとかですね。でも実際は、そうでない場合があるようですが…。

私はどちらの体験もないのでなんとも言えないのですが、そういうのがあるとまあ便利だろうし、自分で自分にできるといいかな〜とか思ったりします^^。話しとして聞くと不思議な現象だなぁ〜っと思ったりします(笑)

直接手で触って気を送るとかいうのであれば、皮膚感覚とか温度差、電気の放電とか考えられるから、肩たたきやあんまみたいな感じで理解できそうな物理的現象と思えたりします。でも2,3m離れた場所から出来ちゃうとかもあって、こりゃ不思議だ〜という感じです。実際体験したとしても原理は謎でしょうね(笑)また、かなりの遠隔地…海を渡って送ったりすることもできるとかで…。

ちょっと調べてみると、電磁波、磁気、などの目に見えない媒体がかかわっていることが分かっているらしいですね。特定はされてないらしいですが。でも電磁波なら地球内であればなんとか時間をかけずに送れそうですね。遠隔地に気を送ってほぼ同時に受信することが可能なのかな?

でも特定の相手がどこにいるのか分からないのにどうやって送るのだろうか?テレビやラジオ、携帯とかがちょうどその答えとして近いものみたいですね。テレビは特定の周波数だけを受信して見ることができます。ラジオもそうですよね。まあそうだとしても受ける側は普通の人だろうし、特定の周波数をキャッチするなんて能力は意識してでも無意識でもなさそう…。でも受けることが出来る人がいるんですよね(笑)

ところが先ほど、手でさわるのではなく、2,3m離れた場所でも出来ちゃうと書きましたが…。その距離と海を渡った距離と何が違うのだろうか…とふと思ったりするのですよね。2,3m離れているということは、すでに不思議なことなんですよね。だから海を渡っても不思議には変わりないけど、もしかしたら届くのかもですね。少々乱暴な展開ですが(笑)

それには、意識の交流というそういうのがカギなのかも…。 うーん謎です。


Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.