×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

宇宙旅行

FlawTipsのNotebook(雑記帳)
日頃ふと思いついたことを紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。RSS対応です。
雑記1 - 雑記2 - 雑記3 - 雑記4 - 雑記5 - 雑記6 - 雑記7 - Top - FlawTipsの音的ウェブ

Topページ > 雑記3

Next

宇宙旅行


近年宇宙ビジネスについてのニュースが色々出てきていますね。人工衛星を飛ばすという話から、人を乗せるものなど。実際チャンスがあれば、宇宙飛行士じゃない人でも行けてしまうような雰囲気になってきましたね。そのうち無重力を活用した合金素材とか、無重力製品等^^もでてくるのでしょうね。宇宙ステーションまでエレベータを作るという話あったりしますね。そう遠くないとかですが…。

まあ個人が気軽に宇宙へ行ける時代も、そのうち幕を開けるのでしょうけど、かなりの年月が必要ですし、今の地球環境悪化とか、人口爆発とか食糧難とか、そういった点がクリアーされていなければ、実現しないと思ったりします。

ちなみに以前NASAの火星有人飛行についての記事がありましたが、食料とか水とかすべて循環する環境を船内に作るとかいう話でした。そういうのが可能ならば、先に書いた食糧難は、この技術で多少は先延ばしにできる問題になるかもですね。しかし地球上でそこまでやるとなるとなんだか窮屈な感じですね。

ところで、気軽に宇宙に出れるようになると、なんていうんだろう、宇宙の憲法みたいなのを作っておかないと無秩序状態になって、何だか宇宙原始時代みたいな感じになりそうですね。まあそんなことはわかっているだろうから、しっかりとルールを作るんだろうけど。最初のうちは色んなことが起こりそうですね。

そういえば、地球温暖化が進行しつつあって、南極大陸が氷の世界ではなくなる日は宇宙時代幕開けより早いかもですね…。(地球規模的な変化が出てきて大変なことになっているはずですが)無理なく住める環境になったときに、どこの国が統治するようになるのだろうか。南極条約とかでは、領土権主張の凍結とかなっていますが。争い事なしに解決する方向がいいですね。何かルールが必要になりますね。これ宇宙時代の雛形になるのかもですね。

気軽に行く宇宙旅行はまだ遠いかな。。。でも実際行きたいとか、無重力の世界に住みたいと思っている人は多いのだろうか?宇宙ってかなり過酷な環境だとは思うのですけどね。


Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.