×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自分の中にある答えを探す

FlawTipsのNotebook(雑記帳)
日頃ふと思いついたことを紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。RSS対応です。
雑記1 - 雑記2 - 雑記3 - 雑記4 - 雑記5 - 雑記6 - 雑記7 - Top - FlawTipsの音的ウェブ

Topページ > 雑記6

Next

自分の中にある答えを探す


ここのところ『答えは全て自分の中にある』で進んでます^^。一人一人が自分の中に完璧なものを備えているって感じですかね…。では、どうやって自分の中からそれを探し出すかってところかもしれないですけど^^;

ところで、心理学者のユングが、人間の無意識に「個人的無意識」と「集合的無意識」があるということを発見しましたが、人間は「集合的無意識」という人類共通の感覚みたいなのを持っているのだそうです。「人格」や「人物像」等を認識するような感覚のようなものらしいです…多分^^;

それと似てますが、弘法大師空海が伝えた真言密教には「虚空蔵(アーカーシャーガルバ)」というのがあるそうで、「虚空には何もないが全てのことがある」って感じだそうです(難しい;)。本質的なことが記憶されているんでしょうね。

「虚空蔵求聞持法」という瞑想的な修行をすると「虚空蔵」のことが心の中で聴こえてくるそうですが、「虚空蔵」も言わば人間の心の奥にある「集合的無意識」なんでしょうね。「虚空蔵」って欧米では「アカシックレコード」と言うんだとか…^^;。因みにユングの言う「集合的無意識」は、空海が言うそれに包含されるそうですね。

ところで、そんな話を聞くと、人間の意識ってのは、とてつもなく「デカイ」んだろうなぁ〜って思ったりします。その人間の意識領域を巨大な「パズル」とすると、学習ってのは、言葉とか感覚というピースを、はめていくことなのかな〜って思ったりします^^。

どんどんはめていくと、意識が言葉として浮き上がって来て、他の人にもそれを伝える事が出来るようになるんでしょうね。人によっては、ピースに相当するものが音楽だったり、絵だったり、ジェスチャーだったりと、まあ色々だと思いますが…

でも、パズルが完成することはないし、拡大するパズルなのかもしれないですね。たぶんですが、辞書に載っている言葉(ピース)を全部はめても、埋まらない領域が沢山があるんでしょうね。全部はめなくっても事足りるってとこもあるかもですが(苦笑)

そのように、全ての人間が、生まれながらにでかい意識領域(ユングや空海で言うところの「集合的無意識」)を持っていると考えると、まだ言葉のピースは、はめてないけど、沢山の意識を既に持っているって感じなんでしょうね。そういうことからしても『答えは全て自分の中にある』なのかもですね。まあ何れにせよ、簡単に得られるものではなさそうですが…^^;




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.