×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自己ヒーリング

FlawTipsのNotebook(雑記帳)
日頃ふと思いついたことを紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。RSS対応です。
雑記1 - 雑記2 - 雑記3 - 雑記4 - 雑記5 - 雑記6 - 雑記7 - Top - FlawTipsの音的ウェブ

Topページ > 雑記6

Next

自己ヒーリング


「ヒーリング」をネットで調べると色々と出てきますね^^;。昔はストレスは少なかったのかなぁ〜?。そんなことはないと思いますけど^^;、今はほんと様々な種類があるみたいですね。読んでると、診てくれる先生自身が過去そういうヒーリングを受けてたってのもあるそうで、たまに今でも受けに行ったりという先生もいるそうですね^^;。まあ「経験がモノを言う」というか…その方がクライアントさんの症状をよく把握出来たりするのかもですね^^;

ところで「自己ヒーリング」というのがありますが、自分の「心」の状態を自分で客観的に診るってのは、凄く難しかったりしますね。感情の解放っていうのは、思い込みの修正をするって感じがするんですが、癖になっているネガティブな思考パターンの改善とか言っても、それを自分で見つけて、ポジティブなものに変えていくとなると大変だろうなぁ〜って思ったりします。

沸き起こる感情をそのまま出すってのも、一つの方法かもですが、自分の事を一番よく知っている自分が「いやいや、そんなことないよぉ〜大丈夫!」って感じで、自分に言い聞かせて、気にせずサラサラと流せるといいかもですね。

先日から出ている「筋肉反射」ですが「オーリング」というのもあるんですね。日本で開発されたそうですけど、これも心の状態を探るのに使われていて、筋肉の強弱で判定するんだそうですね。通常、人差し指と親指を先で引っ付けて丸を作り、別の人が丸を作っている人の人差し指と親指を外側にひっぱるそうですよ。

これを一人でやってしまう人もいるみたいですね^^。どこの筋肉がどういう感情に繋がっているかは分からないですが、自分自身の感情が出やすい筋肉ってのがあるのかもしれないですね。ストレッチとかして、あちこちの筋肉を動かしているうちに、心が解放できるかもですね^^;

まあ、でもホント「心」って、普段の衣食住や環境やら、天体の運行、電磁波等々、いろんな影響を受けてたりしますね。それが心の症状じゃなく、体の変調とかで出たりするんで厄介ですね。体に症状がでたら、やっぱり医者ってイメージですもんね。

でも、統合医療っていうんですかね?…病院とかで「オーリング」等の「心の状態を診る」ということを実施しているところもあるそうですね。そういうのだけでなく、昔からある伝承医学みたいなのも取り入れてたり、気功もあったりするとなんだか治りが早くなりそうですね^^;

自己ヒーリング


Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.