×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NLP(Neuro-Linguistic Programming)

FlawTipsのNotebook(雑記帳)
日頃ふと思いついたことを紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。RSS対応です。
雑記1 - 雑記2 - 雑記3 - 雑記4 - 雑記5 - 雑記6 - 雑記7 - Top - FlawTipsの音的ウェブ

Topページ > 雑記6

Next

NLP(Neuro-Linguistic Programming)


他の人の心の中で起こっていることを知るには、表情や言葉、行動等がある程度手がかりになったりしますが、その表現されたものが、心の中で思っていることと一致しているかといえば、必ずしもそうでなかったりするので、なかなか理解できないですね。特に、心で思っていることを表に出すのがうまくない人は、自分の気持ちを分かってもらいたいって時に、苦労したりしますね^^;。恐怖症等を抱えている人だととても辛いですよね。

ところで、以前ちょっと出したNLP(Neuro-Linguistic Programming:神経言語プログラミング)ですが、これは「心」の問題を解決する「ヒーリング」のテクニックを研究し体系化したものだそうですね。コミュニケーションのスキルアップなどに使われたりするそうです。ここで言う「ヒーリング」ってのは「言葉」や「ジェスチャー」を使って相手の心の状態を知り、適切な言葉やイメージを与えるといった感じです(多分^^;)

ということなので、相手の意識を深く読み取れるといったことから、ビジネス界で営業マンやマネージメントする人が取り入れてたり、スポーツ界(?)でコーチをする人が取り入れてたりするそうですね。まあそういう自己啓発的なツール?って他にも色々あったりするんでしょうけど…^^;

勿論、根本的にはヒーリングから出てきているものなので、カウンセリング等、心の改善(恐怖症等)にも有効だったりするそうですよ。書籍も数多く出版されてたり、ネットで紹介されてたりしてますよ。NLPにはとても多くのテクニックがあるようなので、使いこなせたら、自分自身で「心の管理」みたいなのができるって感じもしますね^^;

このNLP(Neuro-Linguistic Programming)の『神経言語プログラミング』って名前は、なんだか難しそうですね^^;。ちなみに「Neuro-」は「神経〜」です(Neuro-biologyだと神経生物学)。「Linguistic」は「言葉の/言語の」、「Programming」は「プログラミング(組み立てる?)」ですね^^;。そのままだと『神経言葉のプログラミング』になるのかな?^^;。その解説には【人間は、五感という神経系を通して外界を感じ、言葉を使って判断、認識します。また他人に対しても言語を使います。なので人間の思考や行動は、神経を通して、また言語を通してプログラミングする(組み立てる)ことができる】…といった感じのことが書かれていたりします(間違ってたらごめんなさいね^^;)。ということでまとまりなく終了^^;


Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.